コラム

column

解体工事に関するよくある質問と回答

こんにちは!現代です。鹿児島県出水市に拠点を構える、解体工事と新築工事・リフォームの専門業者です。
今回は、解体工事に関するよくある質問と回答をご紹介します。
解体工事は、建物の撤去や廃棄物の処分など、さまざまな作業が必要になります。
そのため、お客様からよくお問い合わせいただく内容があるのです。
ここでは、その中から代表的なものをピックアップしてお答えします。

解体工事に必要な書類や手続きは?

解体・家具など
解体工事には、以下のような書類や手続きが必要になります。

建築確認申請書

建物の解体を行う場合は、市町村の建築課に建築確認申請書を提出し、建築確認を受ける必要があります。
この申請書には、建物の概要や解体方法、廃棄物の処理方法などが記載されます。

解体届

建築確認を受けた後は、市町村の役所に解体届を提出します。
この届けには、解体工事の開始日や終了日、施工者の氏名や住所などが記載されます。

電気・ガス・水道の解約

解体工事前には、電気・ガス・水道の各供給会社に連絡し、解約手続きを行います。
また、メーターの検針や料金の精算も行います。

その他の書類

場合によっては、土地の登記簿や固定資産税納税証明書などの書類も必要になることがあります。詳しくは、市町村や施工者にご相談ください。

解体工事にかかる期間や日程は?

解体工事にかかる期間や日程は、以下のような要因によって異なります。

建物の規模や構造

建物の規模や構造が大きく複雑であればあるほど、解体工事に時間がかかります。
一般的には、木造住宅であれば1週間から2週間程度、鉄筋コンクリート造であれば2週間から4週間程度が目安です。

天候や季節

雨や風などの悪天候や冬季などの寒暖差が大きい季節では、作業効率が低下し、解体工事に時間がかかります。
また、台風や大雪などの災害時には、作業を中断することもあります。

近隣との調整

近隣住民や道路管理者との調整も欠かせません。
例えば、騒音や振動を出す作業は午前9時から午後5時までとすることや、道路を一部使用する場合は許可を得ることなどが必要です。
近隣とのトラブルを避けるためにも、事前に挨拶や説明を行うことが大切です。

解体工事中に近隣への配慮はどう行っている?

解体工事中に近隣への配慮は、以下のように行っています。

騒音や振動の低減

解体工事では、ハンマーやブレーカーなどの機械を使用するため、騒音や振動が発生します。
これらを低減するためには、作業時間や方法を制限したり、防音シートや防振マットなどを設置したりします。

粉塵や飛散物の防止

解体工事では、コンクリートや木材などの粉塵や飛散物が発生するものです。
これらを防止するためには、敷地内にネットやシートを張ったり、水を散布したりします。
また、作業後は道路や周辺の清掃も行います。

廃棄物の適正処理

解体工事では、大量の廃棄物が発生します。
これらを適正に処理するためには、分別や搬出を行ったり、適切な処分場に持ち込んだりする必要があるのです。
また、再利用やリサイクルできる素材は積極的に活用します。

現代にご相談ください!

青い作業着
以上、解体工事に関するよくある質問と回答をご紹介しました。
現代は、鹿児島県出水市に拠点を構える、解体工事や新築工事・リフォームなどを手掛ける業者です。
解体工事・新築工事・リフォームのご対応は、お見積りや現地調査無料の現代にお任せください!
ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。