コラム

column

解体工事で近隣トラブルを防ぐために気をつけること

こんにちは!鹿児島県出水市に拠点を構える、現代です。
木造住宅などの解体工事や新築工事・リフォームなどに対応しています。
今回は、解体工事で近隣トラブルを防ぐために気をつけることについてお話ししたいと思います。
解体工事は、建物を壊すという性質上、騒音や振動、ほこりやゴミなどの発生が避けられません。
これらが近隣の方々に迷惑をかけると、トラブルに発展する可能性があります。
また、近隣の方々の理解や協力が得られないと、工事の進行にも支障が出ることもあるのです。
そこで、現代は近隣トラブルを防ぐためにさまざまなことに気をつけています。
今回のコラムで取り上げる内容は、現代で意識して行っていることですので、弊社に解体工事のご依頼を考えていらっしゃる方はぜひ最後までご覧ください。

騒音での近隣トラブルを防ぐには

重機・横から
解体工事では、重機や機械などを使って建物を壊します。
その際に発生する音は、近隣の方々にとって大きなストレスになります。
特に、昼間でも休日でもない時間帯に行うと、不快感や苦情が増える可能性があるでしょう。
騒音を防ぐためには、以下のような対策を行います。

工事時間帯の制限

解体工事は、原則として平日の8時から18時までの間に行います。
土曜日や祝日などは、市町村の条例や近隣の方々の了承を得た場合に限ります。
また、夜間や早朝などは、特別な理由がない限り行いません。

防音シートの設置

解体工事現場には、防音シートや防音ネットなどを設置します。
これらは、音を吸収したり反射したりする効果があります。
また、建物の内部から外部への音漏れを防ぐためにも有効です。

低騒音型の機器の使用

解体工事では、低騒音型の重機や機械を使用します。
これらは、通常のものよりも音が小さくなっているのです。
また、エンジンや排気管などの部分にも防音対策を施しています。

振動での近隣トラブルを防ぐには

解体工事では、重機や機械などで建物を壊すときに振動が発生します。
その振動は、地盤や建物に伝わって近隣の方々に影響を与えることがあります。
特に、地盤が弱い場所や建物が密集している場所では、注意が必要です。
振動を防ぐためには、以下のような対策を行います。

振動計測器の設置

解体工事現場には、振動計測器を設置します。
これは、振動の大きさや周波数などを測定する機器です。
振動計測器は、近隣の建物や道路などにも設置します。
これにより、振動の影響範囲や程度を把握することができます。

振動制御型の機器の使用

解体工事では、振動制御型の重機や機械を使用します。
これらは、振動を抑えたり分散させたりする効果があるのです。
また、建物の壊し方や順序も工夫します。
例えば、上から下へと順に壊すことや、一度に大きく壊すのではなく、小さく分割して壊すことなどです。

ほこりやゴミでの近隣トラブルを防ぐには

解体工事では、建物を壊すときにほこりやゴミが発生します。
そのほこりやゴミは、風に乗って近隣の方々に飛んでいくことがあるのです。
特に、アスベストなどの有害物質が含まれている場合は、健康被害の危険性もあります。
ほこりやゴミを防ぐためには、以下のような対策を行います。

シートやネットの設置

解体工事現場には、シートやネットなどを設置します。
これらは、ほこりやゴミが飛散するのを防ぐ効果があります。
また、建物の内部から外部へのほこりやゴミの漏れを防ぐためにも有効です。

散水や清掃の実施

解体工事では、散水や清掃を定期的に行います。
散水は、ほこりやゴミを湿らせて落ち着かせる効果があるのです。
清掃は、ほこりやゴミを集めて処理する効果があります。
また、散水や清掃は、近隣の道路や建物などにも行います。

お気軽にご相談ください

手紙
現代では、鹿児島県出水市での解体工事・新築工事・リフォームを行っております。
解体工事・新築工事・リフォームに関するご相談やお見積りは、無料で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。