コラム

column

木造一戸建て住宅でも解体工事時にアスベスト調査が必要な理由

こんにちは!現代です。
鹿児島県出水市で解体工事・新築工事・リフォームを行っております。
今回は、木造一戸建て住宅でも解体工事時にアスベスト調査が必要な理由についてお話ししたいと思います。

アスベストとは何でしょうか?

見上げる
アスベストとは、石綿とも呼ばれる鉱物繊維の総称です。
耐火性や断熱性などの優れた特性を持ち、昭和30年代から平成18年まで、屋根や外壁、内装などの建材に広く使用されてきました。
しかし、アスベストは空気中に飛散すると、重大な健康被害を引き起こすことが分かったのです。
そのため、平成18年9月1日以降は、アスベストを含む材料の使用が禁止されました。

アスベストの危険性

アスベストは、微細な繊維が空気中に飛散すると、人間の呼吸器に入り込み、肺がんや中皮腫などの重篤な疾患を引き起こす可能性があります。
また、一度吸い込んだアスベストは体外に排出されず、長期間潜伏してから発症することもあるのです。
世界保健機関(WHO)は、アスベストによる健康被害を防ぐために、全ての種類のアスベストの使用を禁止することを勧告しています。

木造一戸建て住宅でもアスベスト調査が必要な訳

木造一戸建て住宅でも、平成18年9月1日以前に建設されたものや、その後に改修されたものは、アスベスト含有建材が使用されている可能性があります。
解体工事を行う場合は、アスベストが飛散しないように適切な対策を行う必要があります。
そのためには、事前にアスベストの有無を調査することが必要です。
事前調査は法律で義務付けられており、令和5年10月1日からは有資格者が行うことが求められます。
事前調査を怠ると、罰則の対象となる場合もあるのです。
木造一戸建て住宅でも、屋根や外壁、内装などにアスベスト含有建材が使用されている場合があります。
解体工事はもちろん、リフォームなどの部分的な改装工事や修繕工事の場合にも、必ず調査を行ってください。

ご相談をお待ちしております!

四角・ななめ
現代では、鹿児島県出水市での解体工事・新築工事・リフォームを行っております。
地域密着型の会社で、アフターフォローもしっかりとさせていただきます。
解体工事・新築工事・リフォームに関するご相談やお見積りは、無料で承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。