コラム

column

解体工事で環境に優しい方法を選ぶ理由

こんにちは!現代です。
鹿児島県出水市に事務所を置き、解体工事・新築工事・リフォームなどに携わる業者です。
今回は、環境に優しい解体工事についてご紹介します。
解体工事というと、粉塵や騒音、CO2排出などの環境負荷が高いイメージがありますが、実はそうではありません。
最近では、環境に配慮した解体工法やリサイクル技術が進歩しており、解体工事を通じて地球環境の保全に貢献できる方法があります。
そこで、この記事では、環境に優しい解体工事とは何か、どのような理由やメリットがあるのかを解説します。

環境に優しい解体工事とは何か?

壊している様子
環境に優しい解体工事とは、大きく分けて以下の2つの特徴を持つものです。

環境負荷の低減

解体工事では、粉塵や騒音、振動などの発生を抑えるために、各種対策を行います。
例えば、粉塵対策としては、ミスト散水やシート張りなどで飛散を防ぎます。
騒音対策としては、低騒音の重機や発破技術を使用したり、防音壁や防音シートを設置したりするものが挙げられるでしょう。
振動対策としては、振動計測器や振動制御装置を用いたり、振動吸収材を敷いたりします。
また、CO2排出量も重機の稼働時間や燃料消費量を抑えることで低減できます。

リサイクル率の向上

解体工事では、出た廃材を可能な限りリサイクルに回すことで、資源の有効活用や廃棄物の削減を図ります。
例えば、木造建物の場合は木材チップやパレットなどに再利用したり、コンクリート建物の場合は骨材やセメントなどに再利用したりするのです。
また、アスベストなどの有害物質は専門業者に委託して適正に処分します。
リサイクル率は廃棄物処理法や産業廃棄物処理法などの法律で定められており、一定以上を達成することが求められます。

環境に優しい解体工事を選ぶ理由とメリット

環境に優しい解体工事を選ぶ理由とメリットは以下の通りです。

地球環境の保全

環境に優しい解体工事では、粉塵や騒音、振動などの発生を抑えることで、大気汚染や騒音公害などの防止に貢献します。
また、CO2排出量を低減することで、地球温暖化の防止に貢献することも可能です。
さらに、廃材をリサイクルすることで、資源の節約や廃棄物の削減に貢献します。
これらのことは、SDGs(持続可能な開発目標)の達成にもつながります。

コストの削減

環境に優しい解体工事では、コストの削減も期待できます。
例えば、粉塵や騒音、振動などの対策を行うことで、近隣住民からの苦情やトラブルを防ぐことができます。
これにより、工事の中断や遅延などのリスクを回避できるでしょう。
また、廃材をリサイクルすることで、処分費用や搬出費用などを削減できます。
さらに、リサイクル材を再利用することで、新築工事やリフォームなどの資材費用も削減できます。

解体工事なら現代にお任せください!

見積もり書・ペン
弊社は鹿児島県出水市にて、解体工事・新築工事・リフォームなどを手掛けている業者です。
木造の家から、鉄骨やコンクリートの建物まで安全に解体できます。
また、新築工事やリフォームでは、お客様のニーズに合わせた設計と施工を提供します。
法人様・個人様どちらでも、お気軽にご相談・ご依頼ください。
お問い合わせフォームからのご連絡をお待ちしております。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。