コラム

column

解体工事業者が解説!空き家を放置するリスク

こんにちは!現代です。
鹿児島県出水市に拠点を置いている、解体工事や新築工事、リフォームなど手掛ける業者です。
今回は、空き家を放置するリスクについてお話ししたいと思います。
空き家とは、所有者がいるにもかかわらず、居住者がいないか、居住意思がない建物のことです。
日本では、高齢化や過疎化などの影響で、空き家の数が増えています。
しかし、空き家を放置することには、さまざまなリスクがあるのです。
空き家を放置するリスクは、以下のようになります。

空き家を放置するリスク

水をかける
空き家を放置するリスクは、以下のようになります。

建物の劣化や崩壊

空き家は、長期間にわたってメンテナンスや管理がされないため、建物の劣化や崩壊が進みます。
例えば、屋根や壁や床などの構造部分が腐食や腐朽や剥離などで損傷したり、雨漏りや結露やカビなどで内部が湿気や汚れたりします。
また、台風や地震などの自然災害によって、建物が倒壊したり崩落したりする危険性もあるのです。
これらは、建物の価値や安全性を低下させるだけでなく、近隣住民や通行人にも危害を及ぼす可能性があります。

不法侵入や不法占拠

空き家は、所有者や管理者が不在であるため、不法侵入や不法占拠されるリスクがあります。
例えば、泥棒やホームレスや不良などが、空き家に侵入したり居住したりすることがあります。
また、火災やゴミの放置などのトラブルも発生する可能性もあるでしょう。
これらは、建物の損傷や汚染だけでなく、所有者の責任や権利も侵害されることになります。

固定資産税の負担

空き家は、所有者がいる限り固定資産税を支払う義務があります。
しかし、空き家は収入を生み出さないため、固定資産税は負担になります。
また、空き家の数が増えることで、固定資産税の税率も上昇する可能性もあるのです。
これは、所有者の経済的負担を増加させることになります。

空き家問題を解決します!

手紙を持つ
現代は、鹿児島県出水市に拠点を構える、解体工事や新築工事、リフォームなど行う業者です。
木造建築住宅から牛舎まで幅広く対応しており、豊富な経験と実績を持ち、お客様のご要望に応えることができます。
また、解体工事だけでなく、新築工事やリフォームも承っております。
空き家を解体して土地を有効活用したい方や、空き家をリノベーションして再利用したい方も、ぜひご相談ください。
鹿児島県出水市での解体工事・新築工事・リフォームのご対応は現代にお任せください!
ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。